Monthly Archives: 1月 2015

2015年1月25日~2015年1月30日の記事まとめ

By   2015年1月31日

おはようございます。
藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日は東京でも雪が降りました。
寒いですが雪が降ると
冬の景色も明るくなりますね。

今週の記事まとめになります。

見逃したものがある方や、思い出せないものがある方はぜひご覧ください。

なお、この「記事まとめ」はメルマガでも配信しております。

通常は週に1回、毎週土曜日の朝9時に配信いたします。

なかなか毎日ブラウザでページを閲覧することができない方、
メールの形でとっておきたい方はぜひご利用ください。

また、もし身近に
このブログ・メルマガの情報が
お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
是非ご紹介してください。

こちらから簡単に登録できます。

https://88auto.biz/witinc/touroku/entryform2.htm

もし必要がなくなれば
解除はメルマガ中のリンクからワンクリックでできますので、お気軽にどうぞ。

バックナンバーは【こちら】からご覧いただけます。

————————–
【2015/1/25】
6歳娘・5歳甥とMOONBlockに挑戦してみました(1)【No.292】

MOONBlock(ムーンブロック)という
教育用のプログラミング言語を試してみました。
iPadでもできるのがいいですね。
もしよろしければ
1/26 の記事と合わせてご覧ください。

2015/1/25の記事、
6歳娘・5歳甥とMOONBlockに挑戦してみました(1)【No.292】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/26】
6歳娘・5歳甥とMOONBlockに挑戦してみました(2)【No.293】

1/25の記事の続きになります。
6歳の娘が挑戦したのですが、
iPhoneなどで普通に遊べるゲームを作って
出てくるものを増やしたり
難易度を変えてみたり
できました。

2015/1/26の記事、
6歳娘・5歳甥とMOONBlockに挑戦してみました(2)【No.293】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/27】
「食べたつもりになる」ためのプロジェクト【No.294】

冬はダイエットに適さないという話を
聞きましたが
まさにそれを証明するように
ここ数か月の私の体重は推移しています。

「ヴァーチャル体験」
という言葉がありますが、
見た目も味も匂いも感じられる
「ヴァーチャル食事」
のプロジェクトがあるそうです。

2015/1/27の記事、
「食べたつもりになる」ためのプロジェクト【No.294】はこちらからどうぞ。

————————-
【2015/1/28】
anazon のおすすめ商品を正確にする【No.295】

amazonのサイトを閲覧すると
「おすすめ商品」
が表示されますが、
表示される内容を多少カスタマイズする方法があります。

2015/1/28の記事
anazon のおすすめ商品を正確にする【No.295】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/29】
「玩具」を分解したことはありますか【No.296】

うまく動かなくなった
おもちゃをねじ回しを使って
開けてみると

「ここが曲がっちゃったからうまく動かないんだ」

などと気づくことがあります。

「プログラミング」を学ぶことで
ゲームやシステムが
どういう仕組みで動いているか、
その中身が分かるように
なります。

2015/1/29の記事
「玩具」を分解したことはありますか【No.296】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/30】
Algodooを6歳娘と試してみました【No.297】

物理シミュレーションアプリ
Algodoo
を娘と試してみました。

最近のお気に入りです。

2015/1/30の記事
Algodooを6歳娘と試してみました【No.297】はこちらからどうぞ。

————————–

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではよい週末を!!

Algodooを6歳娘と試してみました【No.297】

By   2015年1月30日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

最近娘がお気に入りのアプリは

Algodoo(アルゴドゥ)

というものです。

capt002133

【参考外部サイト】:Algodoo

Windows版とiPad版、Mac版があるようです。iPad 版は500円でした。
Windwos版は無料のようです。

どういうアプリケーションかと言いますと、こんな感じのシーンに

capt002128

お絵かきツールのようなものを使って

capt002129

例えば円などを描いて

capt002130

三角の再生ボタンを押すと

capt002131

円が落ちてバウンドします。

円を「ヘリウム」にすると

capt002132

円は浮いていきます。

娘は試しているうちに、「ブランコ」を作ったようです。

capt002134

いろいろ試せそうです。

また遊んだら記事にしてみます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

「玩具」を分解したことはありますか【No.296】

By   2015年1月29日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

先日、6歳娘・5歳甥とラーメン屋さんに行きました。

このラーメン屋の
「おこさまラーメンセット」
には「おもちゃ」がついてきます。

娘はおもちゃの指輪とネックレスのセットを選び、
甥は「スポンジガン」を選びました。

最近は娘は「女の子のもの」、
甥は「男の子のもの」を選ぶことが多くなりましたね。

「スポンジガン」というのは

capt002125

このようなもので、引き金を引くとスポンジの玉が飛んでいきます。

娘も、一旦は指輪とネックレスを選びましたが
甥の選んだ「スポンジガン」が気になるようでした。

そのうち、スポンジガンのスキマから
中を覗きだしました。

引き金を引くと、
ストッパーが外れて
ばねの力で玉が発射される

ということを説明すると、
ひどく感心してくれました。

皆さんは子供のころ、
おもちゃや道具の
「仕組み」
が気になったことはありますでしょうか。

うまく動かなくなった
おもちゃをねじ回しを使って
開けてみると

「ここが曲がっちゃったからうまく動かないんだ」

などと気づくこともありますね。

先日、「中学生でプログラミングを始めることの意義」
という記事で

でも、そんなデジタルの時代でも「仕組み」を「知る」方法はあります。
それが「プログラミング」です。

と書かれていたことを思い出しました。

【参考外部記事】:中学生でプログラミングを始めることの意義

なんどかこのブログでも紹介した
「Scratch」
のいいと思うところは、
「中を見れる」
ことです。

例えば、キャラクタを
動かしていくと
場面が横にスクロールする
ようなゲームがありまして、

capt002126

「中を見る」とすると

capt002127

「なるほど。こうすればいいのか」と分かったりします。

プログラミングのいいところは、
動いているものがどういう仕組みで動いているか、
中を覗けるだけではなく、
それを真似できるところですね。

こんなところにも
プログラミング学習の
面白さとか意義が
あるのだと思っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

anazon のおすすめ商品を正確にする【No.295】

By   2015年1月28日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日 amazon で本を購入しようとしていたところ、
「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」
に妙なものが表示されていました。

capt002110

これは先日
「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」
という本のページを
Amazonで開いたのですが、
その本にでてくる神様です。

【参考外部リンク】:夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

「妙なもの」などと言うと怒られそうですね。

Amazon では購入したものや閲覧したページを
利用者ごとに蓄積しておき、
・閲覧したものや購入したものと関連ある商品

・同じ商品を買った他の利用者が買った商品
が表示されます。

今回おススメされたものは買わなかったですが、
例えば
「この商品は利益率が高いからお勧めにしよう」
「このままでは不良在庫になりそうだからお勧めにしよう」
などというような
売る側の都合ではなく
利用者に合わせたおススメなので
たまに「いいな」と思うものがありますね。

ところで、この amazon の「おすすめ」
ですが、多少精度を上げることもできます。

amazon にログインした後、

capt002121

「アカウントサービス」の「おすすめ商品」を選びますと

capt002122

「おすすめ商品を正確にする」というものがあります。

capt002124

ここで、購入したものを「評価」すると、高い評価に関連するもののほうが
「おすすめ」に出やすくなるということですね。

私は消耗品などはなくなったら同じものを買うので
特におススメされなくてもいいです。

一方で本はたまに
「こういう本があるんだ」
と知らなかったいい本をおススメされる
こともありますので、
本の評価を高めにしています。

amazon でよく買い物をする人は
試してみてはいかがでしょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

「食べたつもりになる」ためのプロジェクト【No.294】

By   2015年1月27日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

最近どうもチョコレートがおいしく感じます。

写真 (1)

こちらは私の体重の推移ですが、
秋からちょっと危険な角度で上を向いています。

「64kg以上の場合はカロリーのある飲み物は飲まない」
という自分ルールがありまして、
それでなんとかなるといいなと思っています。

ところで、先日、次のようなものを見つけました。

寿司↓
capt002118

ケーキ↓
capt002116

ステーキ↓
capt002117

これらは、寒天やペクチン、こんにゃく、アラビアガムなどを使ってつくられたものだそうです。

いくら健康上はいいといわれても
これを食べてもこのままでは
とても本物を食べた気にはならなそうです。
見た目も匂いも違いますからね。

ところが、上のものは
projectnourished
というプロジェクトのものなのですが、
このプロジェクトでは
「見た目も味も匂いも同じにしてしまえばいい」
ということだそうで、
3D映像のヘッドセットをつけて
香りも作りだして
疑似的に食べたように感じられるようにするそうです。

capt002119

こんな感じで食べている人には

capt002120

こういうふうに見えている、ということですね。

【参考外部サイト】:http://www.projectnourished.com/

私自身はここまでして
こんにゃくのステーキを
本物のステーキだと思わなくとも
こんにゃくステーキを
おいしく作ることに力をいれたほうが
いいかもしれないとも
思ってしまいましたが、
病気などで本当に食べたいものが食べれないような
ケースでは役にたつかもしれません。

やっちゃいけないこと

ヴァーチャルでやったつもりになる
というITの使い方は
いろいろ応用が考えられそうな気がしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

6歳娘・5歳甥とMOONBlockに挑戦してみました(2)【No.293】

By   2015年1月26日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日に引き続き
MOONBlock
に挑戦してみた話を書きたいと思います。

インターネット上では
多少批判的な記事も
見かけたりしまして、
試す時期が遅れましたが
実際に試してみると
素直に
「簡単に楽しめるモノが作れる」
と思えましたね。

昨日6歳娘が作ったゲームがこちらです。
iPhoneなどでも試せますので是非どうぞ。

capt002115

http://goo.gl/Ngr8ks

遊ぶためには、アクセスして、左下にある

capt002113

をタップ(またはクリック)します。次に

capt002114

をタップするとゲームの画面が大きくなりますので、
ゲーム画面のどこかをタップしてください。

150秒間に宝石をどれだけ集められるかというゲームです。

capt002112

今の時点の感想を書きますと

・これは楽しい!!
・確かに簡単に小学生でも「面白い」ゲームを作れる

ですね。

一昨日、はじめてMOONBlockを試してみました。

私の iPad には娘専用のフォルダがあるのですが、
そこにMOONBlockのショートカットを作っておきました。

昨日は

「おおきなケータイであそんでもいい?」

と言われ、iPADを渡したところ、

「あ、これ、きのうのやつ?」

と MOONBlock に気が付き、
他にも好きなゲームがたくさんあるなかで
MOONblock を選びました。

1日目に作ったものは
保存前に消してしまったので、
2日目になる昨日はゼロからもう一度
「クマが林檎を追いかけるゲーム」
を作ります。

5歳甥は帰ってしまったので
6歳娘一人で挑戦です。

「クマが林檎を追いかけるゲーム」
のつくり方は私は書籍
「MOONBlockでつくるゲームプログラミング」
を見ましたが、
こちらにも載っていました。

【参考外部リンク】:くまさんのリンゴ狩り

もともと書籍にのっているのは
・画面にランダムに配置された林檎を集める
・全部拾うとクリア
というものです。

一日目には

・林檎を集めると点数加算
・林檎は上から降ってくる
・全部拾うとクリアではなく制限時間内に何点取れるか

という改造まで一緒に試せました。

昨日、二日目の挑戦では、
まずこれの再現から始めたのですが、
何度か
「あれ?」
「あ、そうだ。これ忘れていた」
ということはありましたが
私が手伝わなくとも、すんなり作れました。

昨日は基本的に私は見ているだけにしました。

林檎の替わりに宝石を追いかける
ゲームにし、
3種類の宝石を出してそれぞれ
100点、
200点、
300点、
と点数を変えてみたり、
難易度を変えるために「出てくる間隔」を調整したり
していました。

私のほうから口を出したのは

・「出現」「出てくる間隔」など読めない漢字を読んで、どういうことか説明した
・ブロックが外れてしまっているのに外れていると気付いていなかったのを指摘した
・「ほうせき」が「アイコン1」「アイコン2」「アイコン3」という
名前になっていることを教えた

くらいです。

Scratch を試してみたときに感じたのですが、
確かに Scratch でなにか作ることを楽しんではいるのですが、
出来るゲームの面白さ
がどうしても他のゲームよりも劣るため、
結局子供は他の人の作ったもので遊ぶ方を選んでしまう
ということがありました。

MOONBlock で作ったものは
完成度が高く
子供の「またやりたい」が
期待できるように思えました。

特に娘は
「でてくるダンゴムシをひたすらタップするゲーム」
などを普段やっていますので、
気に入ったのかもしれません。

【参考記事】:ネコもペンギンも娘もゲームに夢中になる【No.282】

本には
「クマが林檎を追いかけるゲーム」
以外にもいくつかサンプルが載っていましたので
しばらくは楽しめそうです。

また試してみたときに記事を書こうと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

6歳娘・5歳甥とMOONBlockに挑戦してみました(1)【No.292】

By   2015年1月25日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

先週、
「MOONBlockでつくるゲームプログラミング: エンちゃんと遊ぼう!」
という本を注文しました。

【参考外部リンク】:amazon 「MOONBlockでつくるゲームプログラミング: エンちゃんと遊ぼう!」

MOONBlock というのは
Scratch などのブロックプログラミング言語のひとつです。

capt002109

「教養としてのプログラミング講座」という本で触れられていたり
インターネット上で見かけることがあり、
以前から試してみようと思っていました。

公式ページでは

MOONBlock(ムーンブロック)は秋葉原リサーチセンターで開発された、子供でも遊べる教育用のプログラミング言語です。

とのことです。

【参考外部リンク】:MOONBlockとは

本当は一度本に目を通してから
6歳娘・5歳甥と試してみるつもりだったのですが、
昨日amazon の段ボールから取り出したときに
本を甥にみられてしまいまして、
「なにこれ?」「やってやって」
ということになってしまいました。

本を数ページめくると、
「はじめる準備をしよう」
の項目に
iPad
の画面があります。

iPadでも動作するようです。

iPadで気楽にできるのは
思ってた以上にいいですね。

ノートPCをバッグから取り出して、電源をつないで、
起動して、ログインして、ブラウザを起動して・・・

という動作は普段はなんともないのですが、子供の

「はやく!!はやく!!まだ??はやく!!」

のプレッシャーの中でやるとそれなりに苦痛です。

6歳娘・5歳甥は
いまままで何度か

・Scratch / Scratch Jr
・Viscuit

を触ったことがあります。

MOONBlock はどうかな?

と思いましたが、思った以上に
すんなり遊べました。

続きはこちら

6歳娘・5歳甥とMOONBlockに挑戦してみました(2)【No.293】

2015年1月18日~2015年1月23日の記事まとめ

By   2015年1月24日

おはようございます。
藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

インフルエンザが流行っているそうですね。
今のところ我が家ではみな無事なようです。
加湿器が役に立っているのかもしれないですね。

皆様お気をつけください。

今週の記事まとめになります。

見逃したものがある方や、思い出せないものがある方はぜひご覧ください。

なお、この「記事まとめ」はメルマガでも配信しております。

通常は週に1回、毎週土曜日の朝9時に配信いたします。

なかなか毎日ブラウザでページを閲覧することができない方、
メールの形でとっておきたい方はぜひご利用ください。

また、もし身近に
このブログ・メルマガの情報が
お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
是非ご紹介してください。

こちらから簡単に登録できます。

https://88auto.biz/witinc/touroku/entryform2.htm

もし必要がなくなれば
解除はメルマガ中のリンクからワンクリックでできますので、お気軽にどうぞ。

バックナンバーは【こちら】からご覧いただけます。

————————–
【2015/1/18】
阪神・淡路大震災から20年経ちました【No.286】

2015/1/17 で阪神・淡路大震災から20年になりました。

神戸市で、阪神・淡路大震災の記録写真を公開しています。

また、この機会に東日本大震災についても見直してみましたが、
Youtubeにはたくさん映像が残っているようです。

インターネットでこうやって
過去の災害について見直して災害対策の意識を新たにすることも
今後実際に起きたときへの備えの
一つだと思います。

2015/1/18の記事、
阪神・淡路大震災から20年経ちました【No.286】
はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/19】
大学入試センター試験の国語で twitter の話題【No.287】

一部のインターネット上のニュースで

「今年の大学入試センター試験の国語に twitter が出ている」

と話題になっていることを知りました。

佐々木敦さんの「未知との遭遇」という本からの出題のようでした。
せっかくなので、実際に取り組んでみました。

2015/1/19の記事、
大学入試センター試験の国語で twitter の話題【No.287】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/20】
「よくわかる!iPS細胞」を受講してみました【No.288】

インターネット上の講座、

「よくわかる!iPS細胞」

を受講してみました。無料です。

インターネットに接続できる環境と
時間さえなんとかできれば
自分の好きなことを学べる時代なのだなと実感します。

2015/1/20の記事、
「よくわかる!iPS細胞」を受講してみました【No.288】はこちらからどうぞ。

————————-
【2015/1/21】
興味を持って見たものを自動撮影【No.289】

テレビで
「興味が高まると自動的に録画されるカメラ」
のようなものを見ました。

今はまだ大げさな機械のようで
毎日装着するというのは現実的ではないですが、
もし将来小型化されたら

「昨日そういえばこんな面白いことがあったな」

などと、後でみることができて
いいのかもしれないと感じました。

2015/1/21の記事
興味を持って見たものを自動撮影【No.289】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/22】
プログラミングコンテンストCODE FESTIVAL 2014 -ASIA FINAL-で日本人が優勝・準優勝【No.290】

上海で行われたプログラミングコンテンスト

CODE FESTIVAL 2014 -ASIA FINAL-

で日本人が優勝・準優勝したという記事を見つけました。

いったいどんな問題が出題されるのだろう?
と思いまして見てみたところ、
予想以上に難易度が高く驚きました。

2015/1/22の記事
プログラミングコンテンストCODE FESTIVAL 2014 -ASIA FINAL-で日本人が優勝・準優勝【No.290】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/23】
あなたのひいおじいさんの日記がありますが見たいですか?と言われたら【No.291】

1月23日は「電子メールの日」だそうです。

私は2007年にgmailを使い始めたので、
それ以降に出したメール・受け取ったメールは
ほぼすべて残っています。

それ以前のものも、なくなっている期間もありますが、
掘りだしてみると2002年くらいのものからみつかりました。

「もし、グーグルがネットの履歴をあなたの子孫に売り渡せたら?」

という記事が gizmodo というサイトにあったのですが、
私の子孫は、数十年後かもっと後に、gmail から

「あなたのご先祖様のメールがありますが見たいですか?」

と聞かれて、私の都合など知らず
「YES」と答えてしまうのでしょうか。

2015/1/23の記事
あなたのひいおじいさんの日記がありますが見たいですか?と言われたら【No.291】はこちらからどうぞ。

————————–

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではよい週末を!!

あなたのひいおじいさんの日記がありますが見たいですか?と言われたら【No.291】

By   2015年1月23日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

本日1月23日は「電子メールの日」だそうです。

毎月23日は「ふみ(23)の日」ですが、
1月は「E-ふみ(123)の日」ということだそうです。

制定されたのは1994(平成6)年ということです。
windows 95が出る前ですね。ずいぶん昔のように思えます。
制定した団体「電子メッセージング協議会(JEMA)」も
今は探しても見つかりませんでした。

ところで、皆さんは古い手紙はどうしていますか?

私は意外(?)ととってあるほうで、
古い年賀状などもしまってあるか、
段ボールに入れて
トランクルームに預けたりしています。
(トランクルームについてはいつか書こうと思います)

先日、家の中の整理をしました。

棚とタンスを1つ捨てたのですが、
結婚して家を出た妹のものがいくつか出てきまして、
その中に
「妹が9歳の時に書いた、10年後の妹自身に宛てた手紙」
が未開封のままありました。
妹が19歳の時には開かれずにそのまま今に至るわけです。

ちょうど妹が甥・姪をつれて遊びにきていたので
妹に渡したのですが
中に何が書いてあったかは教えてもらえませんでした。

古い手紙は、中身を見ると
後で恥ずかしくなってしまうものも
けっこうありますね。

電子メールについてはいかがでしょう?

私は見直してみると、2007年にgmailを使い始めたので、
それ以降のものはほぼすべて残っていて、
それ以前のものは、なくなっている期間もありますが、
掘りだしてみると2002年くらいのものからありますね。

今、自分が2002年に書いたメールを
いくつか開いてみると、
疎遠になってしまった当時の友人との懐かしいやりとりや
やはり人には話せなさそうな恥ずかしい
メールが見つかりました。

メール・デジカメ写真・SNSでのやりとり、
新しく出てくる機器やサービス上でのやりとりなど
これからはますます
自分の記録が
残る時代になります。

残っている記録は未来の自分が見たり、
または他人に見られるかもしれません。

「もし、グーグルがネットの履歴をあなたの子孫に売り渡せたら?」

という記事が gizmodo というサイトにありました。

【参考外部サイト】:もし、グーグルがネットの履歴をあなたの子孫に売り渡せたら?

いくら子孫でも
自分のメールを
他人に見られるのは
「勘弁してくれ」
という感じですが、一方で、もし

「あなたのひいおじいさんの日記がありますが見たいですか?」

と言われたら見たいですし、あったら見てしまいますね。

私の曾孫は、数十年後、

「あなたのひいおじいさんのメールがありますが見たいですか?」

と聞かれたら
私の都合など知らず
「YES」と答えてしまうのでしょうか。

10年後、20年後、またはもっと未来に
「あのころはこんなメールを書いていた」
などと自分や他人が見ることは
ありそうに思えてきました。

今日書いたこの記事や
やりとりするメールを
未来の自分や
子孫がみたら、
どう思うかなと、
そんなことを考えました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

プログラミングコンテンストCODE FESTIVAL 2014 -ASIA FINAL-で日本人が優勝・準優勝【No.290】

By   2015年1月22日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

先日、上海で行われたプログラミングのコンテストの記事を見ました。

【参考外部リンク】:やっぱり日本は強かった! 若き競技プログラマーが上海で世界トップレベルのアジア決勝戦を制す

CODE FESTIVAL 2014 -ASIA FINAL-

という大会で、日本のsnukeさんが優勝・omeometoさんが準優勝とのことでした。

3位入賞のlichaoさん(中国)は
2012年の情報オリンピック世界6位の方
ということなので、出場者のレベルの高い
コンテストでこの結果はスゴイと思います。

このコンテストでは
難問が出題され、
それを速く正確に
解くプログラムを作ります。

去年はこの大会はアメリカで行われたのですが、
そのときの問題が1つ掲載されていました。

【参考外部リンク】:日本の若き学生エンジニアがMITを席捲! リクルートプログラミングコンテスト本戦レポ

capt002108

私は競技のプログラミングというものには
参加したことはなく、
こういった問題をじっくりみてみたこともなかったのですが、
少し大学入試の「確率・統計」を思い出しました。

簡単に説明すると、

・コインを積み上げるゲームがある
・崩れたら最初からやりなおし
・2段目は1/2 の確率で成功する
・3段目は1/3 の確率で成功する。以降は1/4、1/5・・・になる。
・途中で止めることもできる

というルールですね。

「次のコイン積みに成功したらもう1枚。失敗したら没収。やりますか?」

ということです。

ただし、失敗しても、時間内でしたらやりなおすことができます。

例えば、
残り時間3秒で5段積みあがっているような場合は、そこで止めたほうがよさそうですが
残り時間3000秒なら、もし崩れてしまっても、その後
挑戦し続けているうちに6段以上積めるかもしれませんので
挑戦する価値があるかもしれません。

現状と残り時間から考えて、止めるのと挑戦するのとどっちが得か、
というのを計算できるプログラムをつくってください

ということです。

問題を理解するのでも大変ですね。

他の問題の難易度はわかりませんが、
優勝者は3時間で8問解いたとのことです。

想像を絶する高い数学とプログラミングの能力ですね。

こういった人にお願いすれば
どんな難問も
答えを出せるプログラムが
作ってもらえそうです。

こういったコンテストも日本で
もっとメジャーになるといいですね。

【参考記事】:プログラミングのフェスティバル【No.238】

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

興味を持って見たものを自動撮影【No.289】

By   2015年1月21日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

最近Facebookの「グッドアンドニュー」というグループに参加しています。

【参考外部リンク】:フェイスブック「グッドアンドニュー」

グループの主催者の島村 譲さんとは
セミナーで知り合いました。

「グッドアンドニュー」は
アメリカの教育学者であるピーター・クライン氏によって開発された手法だそうです。

グループでメンバーが一人ずつ
24時間以内にあったいいこと、うれしかったこと、目標などについて話をし、
聞いたほうは拍手するというもののようです。

「昨日はなにかいいことあったかな」
と考えると、
なにかしら思いついたりするものです。

実際に昨日あったこと

という「現実」は
もうどうやっても変わらないわけですが、
グッドアンドニューを
やらない場合は

そのまま忘れられていたはずの事実

が「そういえばあれはいいことだったな」と

私にとって「いいこと」

に変わったりします。
「現実」は同じでも「受け止め方」が変わってくるわけですね。

「笑い」が免疫力を高めるということも
言われていますし
いい習慣だと思っています。

実際毎日楽しいです。

ところで、先日、テレビで
「興味が高まると録画されるカメラ」
のようなものを見ました。

ちらっと見ただけなのですが、
多分これだと思います。「Neurocam」というものですね。

【参考外部リンク】:脳波を解析して景色を自動撮影するウェアラブルカメラ「Neurocam」が海外でも話題に(動画あり)

なんでも、頭につけておくと、

脳波を解析して自動的にカメラ撮影してくれる

そうです。

こういうものがあると、

「昨日興味を持ったもの」

を映像で見ることができたり、人に見せることができたり
しますので便利かなとも思いました。

今は大型ですしまだ実用的ではないですが、
未来では

自分が見たものが自動的に録画されて後で見れる

ような時代になるのかもしれませんね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

「よくわかる!iPS細胞」を受講してみました【No.288】

By   2015年1月20日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問、ありがとうございます。

少し時間が経ってしまいましたが
先週からインターネットで

「よくわかる!iPS細胞」

という講座を受けています。

講座を受けているといっても
電車で移動中に座れたときにスマホで
動画を再生して見るという形なので
気軽なものです。
スマホでも快適に見れるのはいいですね。

iPS細胞については
専門的な知識を身につけたいというわけではなく
新聞やニュース記事などで
出てきたときに
「なんだかスゴそう」
というだけでは
もったいないように感じまして、
それ以上の受け止め方が
できるようになりたいと思ったからです。

第1週は

「iPS細胞ってどんなものだろう?」
「どうやって作られたの?」

という話でした。

やはり新しい話を聞くとワクワクしますね。

目安として、中学卒業程度の理科の知識があると良い

とあるのですが、
講座の動画も
教授が黒板で専門的な
話をするというのではなく、
「コミュニケーター」
という立場の人がわかりやすく説明してくれますので、
これでしたら
例えば中学生でも
楽しんで聞けると思います。

「よくわかる!iPS細胞」の第1週の
クイズの回答期限は、1/27で、
まだ今からでも受講できますので、
もしよろしければいかがですか?

「gacco」というサイトで
右上の「会員登録」から登録後、
受講できました。

capt002107

【参考外部サイト】:gacco

gacco には iPS細胞のほかにも

「人とロボットが矯正する未来社会」
「ブラックホール入門」
「3Dプリンタとデジタルファブリケーション」
「脳と創造性」
「東日本大震災を科学する」

など面白そうなものがたくさん
あります。

講師もその分野で有名な方ばかりで
スマホでしかも無料で見れるというのは
スゴイ時代になったなと感じますね。

【参考記事】:立場、お金、場所に関係なく学習できる【No.251】

せっかく

好きなことを学べる時代

にいるので
時間をうまくつかいたいですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

大学入試センター試験の国語で twitter の話題【No.287】

By   2015年1月19日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

今日はおよそ20年ぶりに
「大学入試センター試験」
に取り組んでみました。

取り組んだ、といっても
「国語」の「第1問」だけですが。

なぜ「大学入試センター試験」を
やってみようと思ったかといいますと、
「大学入試センター試験の国語に twitter が出ている」
と目にしたからです。

佐々木敦さんの「未知との遭遇」という本からの出題のようでした。
せっかくなので、実際に取り組んでみました。

【参考外部サイト】:朝日新聞 大学入試センター試験 国語 問題全文

内容は確かに
twitter
を話題の対象にはしていますが、
国語の入試の問題としては
特に大きな違和感は感じませんでした。

私が受験生のころは
あまり世間の話題になるような
問題はなかったような気もしますが、
多少出題者も
「こういう問題を出したら世間はどう反応するかな?」
などと楽しんでいるのでしょうか。

ところで、私の結果は・・
漢字はほぼ全滅、読解も時間がかかってしまい、
なんとか正解はできたものの難しく感じました。

私は理系でしたが、受験のときには
割とセンター試験の国語は
得意だった記憶があるので
なんといいますか、
衰えを感じてしまいました。

問題を解いているうちに
「なるほど、筆者の意図はそういうことか」
と気付き、理解の深みが増すようなこともありましたので、
今度本屋さんで
「センター入試現代文対策」
などでもパラパラとめくってみると、
普段の読書にもいい効果があるかもと感じました。

それと、少し語彙が増えました。

「どんな問題が出たのだろう?」
と気になる方は取り組んでみてもいいかもしれません。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

阪神・淡路大震災から20年経ちました【No.286】

By   2015年1月18日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問、ありがとうございます。

昨日、平成27年1月17日で、阪神・淡路大震災から20年経ちました。

私は20年前は大学生でした。

近い友人・親戚で関西に住んでいる人がいなかったこともあり
私にとっては少し遠い出来事だったように思えます。
当時もあまりテレビを見なかったこともあり
実感が湧かなかったのかもしれません。

今は、インターネットで写真や動画を見たりするほか、
SNSで現地の人の声などを目にしたりできます。
何かの災害のことを知ったときに
受け止め方が違うかもしれませんね。

神戸市で、
阪神・淡路大震災の記録写真を公開していることを知りました。

【参考外部サイト】:阪神・淡路大震災「1.17の記録」

また、この機会に東日本大震災についても見直してみました。

【参考外部サイト】:Youtube 「東日本大震災」で検索

何回かは映像を見たはずなのですが、
改めて衝撃を受けました。

見入ってしまってすっかり更新が遅くなってしまいました。

例えば「交通事故」や「病気」などに対しては
技術の発展は
だいぶ貢献できてきたのではないでしょうか。

車の交通事故で死亡した人は
日本では2000年以降14年連続で減少しているそうです。
10年後、20年後にはもっと交通事故で
亡くなる人は少なくなるでしょう。
そこにはIT技術の発展の貢献があると思います。

一方で、地震やその他の災害についてはどうでしょう。

まだまだ
大きな自然の力の前に人間ができること
は限られていますが、
それでもインターネットでこうやって
過去の災害について見直して災害対策の意識を新たにすることや
うまく対応できた情報を共有すること
で、今後実際に起きたときへの備えは
以前に比べてやりやすくなったのではないでしょうか。

【参考外部リンク】:「地震死亡ゼロ」白馬…秘訣は細かい村の地図

地震予知や
より正確な台風の進路・被害予想などにも
期待したいですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

2015年1月11日~2015年1月17日の記事まとめ

By   2015年1月17日

おはようございます。
藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

毎日寒いですね。

今日は大学入試センター試験ですね。
受験生の皆さん、がんばってください。

今週の記事まとめになります。

見逃したものがある方や、思い出せないものがある方はぜひご覧ください。

なお、この「記事まとめ」はメルマガでも配信しております。

通常は週に1回、毎週土曜日の朝9時に配信いたします。

なかなか毎日ブラウザでページを閲覧することができない方、
メールの形でとっておきたい方はぜひご利用ください。

また、もし身近に
このブログ・メルマガの情報が
お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
是非ご紹介してください。

こちらから簡単に登録できます。

https://88auto.biz/witinc/touroku/entryform2.htm

もし必要がなくなれば
解除はメルマガ中のリンクからワンクリックでできますので、お気軽にどうぞ。

バックナンバーは【こちら】からご覧いただけます。

————————–
【2015/1/11】
「でんき家計簿」に登録してみました【No.280】

電気代というのは
季節や住んでいる場所の気候、
住んでいる人数や
どのくらい家にいるかなどにも
影響されますので、

「電気代が月****くらいが普通」

という感覚を持ちづらいです。

東京電力の「でんき家計簿」を利用すると、
似たような条件の他の家庭と比べて
自分の家が電気を使っているのか節約できているのかを
見ることができるようで、試してみました。

2015/1/11の記事、
「でんき家計簿」に登録してみました【No.280】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/12】
便利な世の中では早く大人になることが求められてしまうのかもしれません【No.281】

お酒を飲めるようになれば、
楽しいですが、
自分がお酒を飲んでやったことについて責任を
とらなければいけません。

車を運転できるようになれば、
便利ですが、
自分の運転について責任を
持たなければいけません。

パソコンやスマホで
インターネットを使えるようになれば
楽しくて便利ですが
やはりそこには
「責任」がついてきます。

2015/1/12の記事、
便利な世の中では早く大人になることが求められてしまうのかもしれません【No.281】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/13】
ネコもペンギンも娘もゲームに夢中になる【No.282】

世の中には「ネコが遊ぶため」のアプリがあるそうです。

ネコが実際に遊んでいる様子をみると
真剣な表情で
子供がゲームをやっているときの表情に似てみえてしまいます。

ある水族館では「ペンギン」にこのアプリを
やらせたところ、やはり夢中になって
遊ぶそうです。

2015/1/13の記事、
ネコもペンギンも娘もゲームに夢中になる【No.282】はこちらからどうぞ。

————————-
【2015/1/14】
頭がワクワクするリスト【No.283】

コンピュータと違い人間には

「気分」

というのがあり、それによって
生産性が変わってしまいます。

特に私は企業にいるわけではなく、
就業時間などもないので
自分をコントロールしないと
時間ばかり過ぎてしまいます。

自分をやる気にさせる
工夫の一つとして、
「ワクワクするリスト」
をメールで持つということを
ご紹介させていただきました。

2015/1/14の記事
頭がワクワクするリスト【No.283】はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/15】
20年後にITに替わられている仕事、替わられていない仕事【No.284】

大学の講義で

「20年後にITに替わられている仕事、替わられていない仕事」

について、グループワークを行いました。

学生の皆さんにとって
20年後を予想し、
アンテナをはっておくことは
頑張る方向を間違えないためにも
いいことだと思います。

2015/1/15の記事
20年後にITに替わられている仕事、替わられていない仕事【No.284】
はこちらからどうぞ。

————————–
【2015/1/16】
1月15日は「半襟」の日だそうです【No.285】

今日は何の日?

というサイトがあるのですが、そこで、
1月15日は

「半襟の日」

というのを見つけました。

「半襟」を知らなかった私はこれを

ハンソデの日

であると思い込み、

日本のどこかでは
この寒い1月に
ハンソデの日のイベントとして、
いつもはスーツのサラリーマンが
半袖シャツで過ごしたりするのだろうか

などと想像しながら一生懸命「ハンソデの日」の由来を
調べてしまいました。

2015/1/16の記事
1月15日は「半襟」の日だそうです【No.285】
はこちらからどうぞ。

————————–

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではよい週末を!!

1月15日は「半襟」の日だそうです【No.285】

By   2015年1月16日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日、1月15日は

半襟の日

でした。

なぜ
1月15日 が 半襟の日
かというと

京都半衿風呂式和装卸協同組合が制定。 襟を正す正月であり、この日がかつて「成人の日」であったことから、和装に縁のあるこの日を記念日とした。

ということだそうです。

【参考外部リンク】:今日は何の日?1/15

私は最初この説明を見たときには

なぜ成人の日や和装と半袖が結びつくのだろう?

と疑問に思ってしまいました。

私の中では「半袖」というと、
友人のねこもさんのブログで、
冬でも半袖で学校にいく元気な息子さんの話があるのですが、
そのイメージで
どうしても成人の日との関連が見つけられませんでした。

【参考外部リンク】:ねこもの事務職15年、母親10年だけど、乙女心でチクッとささやき:息子の半袖から、子育てを語る!?

一生懸命、半袖と成人の日との関連について
Google などで調べてみましたが
何も出てきません。

気が付きましたでしょうか。

そうですね。

「ハンソデの日」

ではなく

「ハンエリの日」

です。

恥ずかしながら「半襟(半衿)」というのを私は知りませんでした。

女性の方はご存じなのかもしれないですね。

恥ずかしい話だけで終わりにするのもなんなので、
サイトの紹介をしたいと思います。

私が自分の間違いに気づいたのは、「一般社団法人 日本記念日協会」というサイトに
半襟の日について

1月は1年最初の月で襟を正すに通じる。また、この日は「成人の日」として長い間親しまれ、和装との関連が深かったことから、京都半衿風呂敷和装卸協同組合が2001年に制定。着物文化の活性化を図り、半襟需要の振興が目的。

という、説明を見つけ、最初にある
「襟を正す」
でようやく自分の間違いに気が付きました。

#よく見ると「今日は何の日」のサイトのほうにも「襟を正す正月であり」とありましたね。
見逃していました。

この説明が載っていた日本記念日協会というのは

日本記念日協会では、企業、団体、個人などによってすでに制定されている記念日、 新しく制定をした記念日についての認定と登録を行っています。これにより、その記念日の正確な日付、由来、活動内容などを把握し、販売促進、広報活動を支援しています。

とのことです。

「半襟の日」も
京都半衿風呂敷和装卸協同組合
が2001年に申請し、
日本記念日協会
に認定されたということのようですね。

考えてみると、「記念日」はそれぞれの人や団体が
いくらでも考えることができるわけで、
このような認定機関があっても
いいのかなと感じました。

さすがにこのサイトは
記念日についての情報は充実しています。

雑談や
ブログのネタを探したいときなどに
いいかもしれません。

【参考外部リンク】:一般社団法人 日本記念日協会

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

20年後にITに替わられている仕事、替わられていない仕事【No.284】

By   2015年1月15日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日は大学の講義日でした。

今回の「情報科学の基礎」は
昨年9月から翌年1月までが講義期間です。

講義もだいぶ終わりに近づいておりまして、
昨日は
「20年後にITに替わられている仕事、替わられていない仕事」
についてグループワークを行いました。

「20年後にITに替わられている仕事」
という話題については、
オックスフォード大学のオズボーン准教授が
論文を出しており、インターネット上でも
何回か話題になったことがありました。

【参考記事】:あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」【No.233】

講義を受講するのは
大学1年生から4年生以上までが混ざった
メンバーになります。

これから就職について考えていく学生さんや
既に就職先が決まっていて、
これから仕事をしていこうという学生さんですので
この話題は興味深かったようです。

Toyota Robot at Toyota Kaikan.jpg
Toyota Robot at Toyota Kaikan” by Chris 73 / Wikimedia Commons. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

例えば「料理をする」ということについても

・料理ロボットが出てきて皆がそれに頼るようになると
同じような味のものが多くなってしまうのでは。
「あの店の味」「お母さんの味」などが
なくなるのは寂しい

という意見が出て「なるほどな」と感じました。

一方で

・そうは言っても「学校の給食」のように
同じものをたくさん、コストを抑えて作ることが
求められるような場面ではやはり
ITは利用されていくだろう

というような意見もあり学生の皆さんは
それぞれ考えるところがあったようでした。

1/13 の日本経済新聞の朝刊に
「ロボット活用へ法整備」
という記事が載っていました。

【参考外部リンク】:ロボット活用へ法整備

・道路交通法関連で、公道での自動運転システムの運用ルールを定める
・消費者安全法関連で、ロボットによる事故が起きた場合の原因究明のあり方を規定

などが検討されるようです。

法律も変わり、技術も進歩します。

今と20年後を比べたときに
仕事や社会は変化しているわけですが
IT技術
がその変化に大きな影響を与えることは間違いなさそうです。

「20年後にも代替されない」
という仕事に就くという人でも
ITにより仕事の形はある程度変わっているでしょう。

「主婦」や「子育て」も仕事の一つとして
考えると、やはりそれも今と形は違うでしょうね。

学生の皆さんにとって
20年後を予想し、
アンテナをはっておくことは
頑張る方向を間違えないためにも
いいことだと思いますね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

頭がワクワクするリスト【No.283】

By   2015年1月14日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日は、セミナーでご一緒させていただいた

高井ますみ

さんのブログでご紹介いただきました。
(ますみさん、ありがとうございます)

高井ますみさんは漢方・呼吸法・マインドマップなどの講座を
開催されている方で、ブログの読者も多いです。
昨日の呼吸法の講座も満席だったようですね。

私もいつもますみさんのブログから
日常のトラブルや悩みを解決するヒントをいただいています。

【参考外部リンク】:高井ますみの人生を楽しむ処方箋~レシピ

ご紹介いただいたのは

やる気がでない時のプログラム

の話です。

【参考記事】:「やる気がでない」というときのためのプログラム【No.277】

先日は「場所を変える」が
うまくいった、という話を書いたのですが、
せっかくなのでもう一つ、
ご紹介したいと思います。

私のメールボックスには

「行きたい場所リスト」

というメールがあります。

インターネットを見ていたり、人から話を聞いたりして
「行ってみたい」
と思った場所について
自分で自分宛てにメールを出しています。

昨年、あるセミナーで

「なんでも叶うとしたら」

という質問をされたときに、いくつか書いたのですが、
そのうち一つが

「年に一度世界遺産」

でした。

今年は、正月に行った「富士山」でクリアです。

capt002102

リストにある中では、「日光」くらいは
比較的気軽に行けますが、
だんだん行くためには覚悟が必要になってきます。
数年後には海外のどこかの世界遺産に行けるでしょうか。

いつかはマチュピチュや、世界遺産ではないそうですが

ウユニ塩湖

に行きたいですね。

Salar uyuni 200701.jpg
Salar uyuni 200701” by Original uploader was Chechevere at en.wikipedia – Picture Ezequiel Cabrera; Transferred from en.wikipedia. Licensed under CC 表示 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

やる気がでない時のプログラム

の話に戻りますが、やる気がでない時で
せっぱつまっていないときには
「15分」などと時間を決めて
この「行きたい場所リスト」を開いて
順位を変えてみたり、
旅行代金はいくらで、
何泊くらいで行けて、
のような関連することを考えたり
情報を検索してみたりしているうちに
気合が入ることがあります。

先日は「清水寺」の画像を見まして、
京都の順位が上がりました。

capt002103

私は仕事柄電子メールを随時開いていますし、
文字も画像もホイホイいれておけるのでメールで

「行きたい場所リスト」

を持っていますが、紙のマインドマップなどでもいいと思います。

また、旅行でなくとも、何かの「コレクション」だとか
「会ってみたい人」などでもいいと思います。

時間を決めないとずっと
やってしまいそうなので気をつける必要がありますが、
頭がワクワクするリストを一つ
どこかに持っておくと
エンジンをかけるために使えるかもしれません。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

ネコもペンギンも娘もゲームに夢中になる【No.282】

By   2015年1月13日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問、ありがとうございます。

3連休が終わりましたね。
皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか。

この3連休は特に予定がなかったのですが、
私は娘と
「メダカ飼育セット」
を買ってメダカを飼いはじめたり
粘土遊びをしたり
折り紙をしたり
お絵かきをしたり
妖怪ウォッチのDVDを借りて見たり
恐竜の人形で「食べて食べられての遊び」をやったり
といった具合でした。

書き出してみるとけっこう
いろいろやったのですが、
3日間じっくり遊ぶと
これでも時間を多少持て余すことがありました。

娘も寒くて
「おうちで遊びたい」
と外に出るのを嫌がりましたので
そうすると

「大きなケータイ」ことiPad

で遊ぶ時間も増えますね。

iPad に入れるアプリは
私がどこかでレビューをみて入れてみたものや
娘がApple Store を探して「これやりたい」と言ったものを
私が見て判断して入れています。

ただ、入っているものの中で
どのアプリで遊ぶかは
娘に任せています。

親としては
なにかの形でプラスになるアプリで
遊んで欲しいという気持ちはありますが
無理やりやらせても
つまらなくなってしまいますので
口出ししません。

そうすると、やはり
娘の好み・傾向のようなものが
出てきますね。

私には退屈に見えるのですが
娘が長く遊んでいるアプリの一つに
「ダンゴムシさがし」
というものがあります。

これはもう1年かそれ以上前から入れているのですが、飽きずに遊んでいますね。

capt002100

画面に出てくるダンゴムシをタップして捕まえるゲームです。
ダンゴムシに種類があって、
それぞれ見た目と動きが違うのですが、
それ以外は単調で、ひたすら出てくるダンゴムシをタップします。
背景も4つほどで、私はすぐに飽きてしまいました。

レビューなどみると、
「レア」
なダンゴムシがいるようで、
それを求めて遊んでいる人もそれなりにいるようですが
娘はあまりレアダンゴムシに興味があるわけでもないようです。

ところで、皆さんは

「ネコ用のアプリ」

があるのをご存知ですか?

capt002101

こちらにネコが遊んでいる様子の動画があります。

ただひたすら画面の動くものをタップしたがります。

「ネコ用」なのですが、「ライオン」も「トラ」も「ペンギン」まで
このアプリは楽しめるようです。

「ダンゴムシ」アプリも含めて、
これらのアプリは

逃げるものを捕まえる

という
動物の狩猟本能のようなものを
刺激するものなのかもしれませんね。

私は大人になってしまったからなのか、
狩猟本能が薄いということなのか、
これらのゲームには飽きてしまうのですが、
「自分は狩猟本能が強い」という方や
「自分の前世はネコに違いない」という方は
大人になってもこういうゲームが
好きだったりするのでしょうか。

そんなことを考えた
3連休でした。

そういえば、
これを書いていて今気付いたのですが、
娘はいまのところ、
「おままごと」や「お姫様」などのごっこ遊びはやりたがらずに
「ティラノサウルスとトリケラトプスの食べて食べられて」の
ごっこ遊びのほうを好むようです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。

便利な世の中では早く大人になることが求められてしまうのかもしれません【No.281】

By   2015年1月12日

おはようございます。藤田です。

今日もご訪問、ありがとうございます。

早朝いつものように駅前のマクドナルドに向かって歩いていると、
いつもより駅前に停まっている車の数が多いことに
気が付きました。

そのうち一台から、若い女性とその母親らしい人が
出てきてどこかへ歩いて行きました。

そういえば今日は成人の日ですね。

「成人式」について wikipedia を読んでみますと

日本における今日の形態の成人式は、終戦間もない1946年11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)において実施された「青年祭」がルーツとなっている。

そうで、

蕨市の「青年祭」に影響を受けた国は、1948年に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌年から1月15日を成人の日として制定した。それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになった。その後、1998年の祝日法改正(通称:ハッピーマンデー法)に伴って、2000年より成人の日は1月第2月曜日へ移動している。

ということです。

趣旨は

「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」

ということですね。

「おとなになったこと」を自覚できるのはどのような
ときでしょうか。

確かに成人式のようなイベントに出ることでも
そう思えることもあるかもしれませんが、
20歳になりますと、例えば

お酒を飲んでもよい

ということになります。

ただ、お酒を飲めるようになることと一緒に
お酒を飲んで酔ってやってしまった行為や
自分の身体への影響については
自分で責任をとらなければいけません。

つまり、この
「できることが増えて、それについてくる責任について自覚したとき」
には大人になった気分になるのかもしれません。

私個人の話をしますと、
18歳のときに免許合宿にいきまして、
自動車の運転免許を取得したのですが、
やはり自動車の運転免許を手にしたときには

「オレも大人の仲間入り」

というような気分がしたのを覚えています。

ただ、一方で、
免許を取得して数日後に
交通事故を起こす夢を見たりしまして、
「自動車を運転する」
ということについてくる
責任についても
怖さのようなものを感じましたね。

できることが増えると
それには責任がついてくるわけです。

ところで、
「携帯電話」や「インターネット」
についてはどうでしょう。

「携帯電話」や「インターネット」
を使いますと、
世界中に情報を発信することができます。

20歳どころか、
今は小学生・中学生でも
「携帯電話」や「インターネット」
を使って世界とつながることができますが、
自分がそれをつかってやったことについては
責任があることを
子供であれば子供なりに自覚
することは必要です。

世の中が便利になればなるほど
できることが増えますが、
それについてくる責任を
自覚しないといけない、ということにもなりますので、
そういう意味では、
今の子供には
早く大人になることが求められてしまうのかも
しれないですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは今日もよい一日をお過ごしください。