米ならぬ情報の倍増し

By   2014年7月15日

おはようございます。藤田です。

最近、私のiPhoneが容量不足です。

過去の動画をPCに移して削除したり、オーディオブックを今聞くものだけにしたりと
工夫していますが、そろそろ限界を感じています。

ちょうど利用期間が2年ですので、この夏に新しいものに買い替えます。

今は16GBのモデルで容量が不足していますので、32GBのものにするか、64GBにするか
迷うところです。

実は私は4年前からiPhoneを使っているのですが、その時には8GBのモデルを買いました。

2年前にやはり「8GBでは足りない」ということで、16GBのものに買い換えました。

今「16GBでは足りない」ということで、32GBのものを検討しています。

今回32GBにすると、2年後には「32GBで足りない」となり、64GBモデルに
買い替えるのか?というようなことを想像しました。

2年で私のiPhoneの容量は倍増しになっているわけですね。

ところで、
曽呂利新左衛門(そろりしんざえもん)

「米の倍増し」
という話をご存知でしょうか。

曽呂利新左衛門という人が、豊臣秀吉から褒美をもらえることになり、
新左衛門は

最初は米1粒
次は倍の2粒
そのまた次はさらに倍の4粒
そのまた次はさらに倍の8粒
と倍々にしてお寺の石階の下より上まで51段分お願いします。

と望んだところ、秀吉は

そんなすこしでいいのか?無欲な男じゃ

と言ったのですが、最初は米粒1つだったものが、
どんどん大きくなっていき、

30段目では米俵で450俵

ほどになり、秀吉は青くなり、新左衛門に謝ってほうびを別のものに替えてもらった

というような話のようです。
国会図書館のページなどを参考にしました)

私のiPhone のデータは2年で倍増しになっていますが、世の中のデータはどうなのだろう?と調べたところ、

> The volume of business data worldwide doubles every 1.2 years, according to estimates.

つまり、「ビジネスデータは1.2年毎に倍増しになっている」という調査もあるようです。

私のiPhone もデータを削除するなどしなければきっとそのくらいのペースですね。

私は今はまだ「2年でだいぶ増えたな~」くらいの感覚です。

倍々になっていっても、しばらくは余裕がありますが、突如インパクトが大きくなります。

お米で考えたときには

1粒、2粒 なら何とも思わないですし
1袋、2袋 くらいになってもどうということはないかもしれませんが、
1俵、2俵 くらいになってきたあたりから、秀吉は倍々になるのが怖くなったのではないでしょうか。

怖くなったあと、止まらなければコントロールできなくなるまではすぐです。

米粒で考えたときには30段目ほどで「こんなはずではなかった」ということになりました。

情報の場合はどうでしょうね。倍増し(またはそれ以上)のペースで増えていき、いつか

「こんなに大きくなるなんて」

と秀吉のように青くなることはあるのでしょうかね。


プログラム ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です